高齢者専用住宅

高齢者専用賃貸住宅 医療機関取組活用の薦め

医療機関の患者確保新戦略 福祉・介護行政の破綻原因

  • ・介護保険導入(new gold plan)の失敗
  • ・介護度設定の誤りおよび財政破綻
  • ・福祉施設政策の行き詰まり
  • ・介護事業所運営施設の閉塞感
  • ・公的資金、情勢金の減額及び停止政策
  • ・福祉、介護現場での不正請求の事故多発
  • ・下支えする専門職の人員不足3K問題

新たな高齢者介護施設の創設

  • ・民間型経営有料老人ホーム創設事業
  • 下矢印
  • ・民間型経営有料老人ホ民間型高齢者介護付賃貸住宅事業
  • ①医療機関直営形介護住宅
  • ②民間運営医療連携形介護住宅
  • ③住宅内診療所設置事業例も多し、住宅療養支援診療所が最適ーム建設事業

医療機関経営メリット!!!

  • ・入院(病棟・病床)の代替事業(補完)
  • ・人件費削減(看護士不要)
  • ・老人保健施設⇒高齢者賃貸住宅
  • ・患者確保戦略(step1,step2)事業拡大
  • ・地域貢献=独居老人の保護=行政歓迎
  • ・患者受診増直結=医療機関運営安定
  • ・保険外診療推進の後期(モデル形式)

医療機関連携「在療支診療所」

  • ・在宅療養支援専門診療所解説拠点
  • ・医師派遣による診療所運営も可能
  • ・高専賃住宅グループへの連携支援も可能
  • ・地域高齢者を支える専門医の確保重要
  • ・制限のない領域での往診業務が可能
  • ・後期高齢者医療制度対応型医療の出現
  • ・看取り、終末医療対応型医療機関

参考資料:メディカル・ホームの歴史

日本経済は、一部に復調の兆しが見られるものの、全体的にはまだまだ回復基調にはありません。厚 労省は、ベッド削減の方針を原則変えておらず、療養病床だけでなく、一般病床や精神病床まで削減 を進める方向であるところ、これからの医療環境も依然厳しい状況にあります。1980年代から米国に おいてベッドが30%削減され、多くの病院がナーシングホームに転換されたことを受けて、日本で もベッド削減の受け皿として「医療型高齢者専用住宅や若年層も含めた 医療を行う集合住宅:メディカルホーム」が脚光を浴びています。


米国の起原は1967年米国小児科学会「子供の診療記録を自宅に置いておこう」という運動にさかのぼる。


その後、米国内科学会や米国家庭医療学会がこの概念を拡張して、患者がアクセス可能で、継続性があって、患者中心の包括的で、調整された、思いやりのある文化的に効果的なケアコーディネーション方式として概念整備してきた。

参考資料:メディカル・ホームの定義

メディカル・ホームとは、患者と医師との関係の上に築き上げられ、患者ニーズを中心に組織化された保 健医療のアクセスポイントのことである。


メディカル・ホームは住民のプライマルケアニーズの90%をカバーするのみならず、専門医への紹介や その他付帯サービスも提供する。


メディカル・ホームは、ファーストコンタクト、包括的ケア、継続的予防ケア、急性・慢性疾患のニーズに> 応える資源となる。


日本語では、「プライマリ医療拠点」と訳す。

参考資料:メディカル・ホームの8つのポイント

①かかりつけの医師(臨床医)及びかかりつけ薬局

②チーム医療(病診連携・診診連携・地域ネットワーク構築)

③反応的・断片的なケアではなく、プロクティブなケアを目指す

④特別なITソフトウエア(患者登録)を用いた患者フォロー

⑤慢性疾患(例えば、喘息・糖尿病・心臓病)の自己管理のサポート及び認知症患者の受入れも可

⑥意志決定おける患者参加

⑦全ての状況におけるコーディネーション

⑧アクセス強化(例えば、安全なメール活用)

その他

・訪問看護ステーションとの連携 ⇒看取り・終末医療

民間企業の取組み 株式会社学研ココファンホールディングス

■学研が提案する介護と住まいの新しい形

○自立型高齢者専用賃貸受託
中心市街地・間取り(豊富なバリエーション)
生活重視・品質・ご本人
○介護型高齢者専用賃貸住宅
郊外志向・間取り(限定バリエーション)
介護重視・価格・ご家族
○少子高齢化社会対応拠点のイメージ推進:融合地域
高専賃・子育て支援賃貸住宅併設事業
詳細資料はコチラからPDFをダウンロードしてください。